CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< カバー力の強いファンデーション | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
お化粧はファンデーションだけというのはどうなの?

私が学校を卒業してまず就職したのがアパレル関係でした。

 

そのときの店長が私よりも10歳くらい年上の人だったのですが、お化粧はファンデーションだけ・・・というようなメイクをしていました。

 

当時は今のようにBBやCCやDDやEE・・・なんてものはなかったので、たぶんパウダーファンデーションをベタっと塗っていました。

 

口紅も塗っていなかったので、ちょっとお化けっぽかったですw

 

お化粧にはバランスがあるので、ファンデーションをきちんと塗ったら、ほかのメイクもきちんとしたほうがいいですよね。

 

色を控えめにして、メイクしているのかしていないのか?くらいに留めることも可能です。

 

どうしてもファンデーションのみにしたいというときは、本当に素肌なのか?と思うくらいに仕上げたほうがいいですよね。

 

色味がないけど補正力のあるCCクリームのようなものでくすみ等をカバーして、ふわっと仕上げ用パウダーをつける・・・というような感じでしょうか。

 

あきらかにファンデーションだけ塗っているのに、ほかのメイクをしていなければ、メイクの途中で出かけてきたような不自然さはあります。

 

逆に、ファンデーションは塗らず、パーツメイクだけするというような考え方もあります。

 

ファンデーションは肌に悪く、付けるとかえって肌を汚くするというような考え方です。

 

でも、すっぴんで出かけるのはある程度の年齢ならなんとなくTPOをわきまえてないような印象を与えてしまうので、アイメイクや口紅などでちゃんとメイクをします。

 

ただ、何も塗らないというのもおかしいので、下地や日焼け止め+仕上げパウダーで肌を整え、必要なメイクをします。

 

私は、どれが正解ということもないんですが、やっぱり肌のアラは隠したいので、ファンデーションは使うんですが、やっぱりナチュラル系のものが多いです。

 

補正だけでいいかなって思うこともあり、CCだけで済ますことも多いです。

 

クレンジングをしなくていいようなベースを作って、洗顔だけで済ますということもあります。

 

ただ、ファンデーション等を使うと、どうしても粉に肌の皮脂を吸収されてしまいます。

 

なので、ファンデやパウダーは皮脂の分泌を妨げないようなものを使って、自然な皮脂の分泌を促すようなメイクは肌をきれいに見せてくれます。

 

でも、カバーしてもやっぱりいいなって思うこともあるので、あまりどちらとも決めないで、今日のお出かけなどを考えてメイクすることが多いです。

 

 

| - | 09:45 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:45 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする